スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、わたしたちにできること

(※今、わたしたちにできること。それは状況によってどんどん変化していますので
情報源のリンク先を必ずご参照ください。この記事自体も、状況に合わせて古い情報削除しています。)

~静岡県にお住まいの方へ~

静岡県の協力隊OB/OGのメーリングリストから情報いただきました。

静岡県ボランティア協会ホームページから
http://www.chabashira.co.jp/~evolnt/saigaiBlog.html

※以前掲載していた毛布提供、発送準備の手伝いは3月19日でいったん受付終了しています。

災害ボランティア支援募金の協力は継続的にされているようです。
今後、新しい情報は上記リンク先をご参照ください。


~浜松市の方へ~

ご存知の方も多いと思いますが、3月26・27日の2日間@各区役所にて、9品目限定で支援物資を募集していました。多くの市民の方の協力があったようです。
今後の情報については、以下URL浜松市ホームページ内の「東北地方太平洋沖地震災害に対する支援等」をご参照ください。上記の支援物資受け入れの報告についても掲載されています。
http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/news/sien/index.htm

被災から数日後、浜松市内から自転車も集めて、東北へ送ったそうです。こちらも多くの方の協力で。メッセージを書いたステッカーを一台一台貼り付けて送ったみたいです。

毛布の提供ですが、浜松市では、浜松市福祉協議会で受付。3月18日にいったん終了しています。
また随時、新しい呼びかけがあるかもしれません、浜松市社会福祉協議会URLご参照ください。http://hamasyakyou01.blog43.fc2.com/

3月19日・20日に予定されていた、「浜松よさこい・がんこ祭り2011」のイベントが、当初の予定を変更し、“災害支援イベント”に変更して開催されていました。詳細はリンク先を参照してください。
http://ganko-hama.seesaa.net/
市内では、他にもいろいろな形で災害支援のイベントが開かれています。

浜松大学の学生さんたちが、浜松駅での街頭募金などもしていました。学生さんたちもがんばってます。もし見かけたら、ぜひ、声をかけてあげてください。
この浜松大学には社会貢献・ボランティアセンターがあります。
協力隊OBの大先輩が、ここの大学の関係者(先生)をしていて、サポートしてくれているようです。
http://home.hamamatsu-u.ac.jp/~huvoc/#top
また、浜松出身の東北大学生たちが、集まって、活動しているようです。


~静岡以外の地域の方へ~

今回のここの情報は、あくまで静岡にお住まいの方をメイン対象にした情報です。
そのほかの地域の方、それぞれお住まいの地域には、このような都道府県・市区町村などのボランティア協会/社会福祉協議会のボランティアセンターなどがあるはずです。
ぜひ一度そちらのホームページなどにアクセスしてみてください。
例)東京ボランティア・市民活動センター  http://www.tvac.or.jp/
 ※"それぞれお住まいの地域名"と"ボランティアセンター"などのキーワード検索で。

それぞれの持ち場で、できることを。きっと何かあるはずです。
また、今はまだできることはあまりないかもしれませんが、おそらく復興は長い目で見た支援が必要です。これからです。
今は、自分自身のケアを第一にしてください。あとは身近な家族や友達、隣人を大切に。 その支援が求められるそのときに、適切に動けるように、情報収集。
タイミングも大事です。


~協力隊の同期を含む海外の方へ~

少ない情報で、不安があると思います。自分が考えているより、負担がかかっている場合があります。自分自身のケアもお願いします。
そしてなにかしたいけど、なかなかできない、もどかしい状況があると思います。
復興には時間がかかります。長い目で見て、どうか、今は心を休める時間もつくってください。

私から一つ、「海外からの応援は日本のみんなを勇気づける」と実感しています。
現地にいるみなさんだからこそ、できることがあるはずです。
例えば何か、写真、エピソード、何でもいいと思います。形にしてみてはいかがでしょうか。

そして、みんなが現地・世界各地に今いること自体がきっと、支援につながります。

・facebook上に『JICAボランティア有志 日本の被災者になにかしたい』というグループが立ち上がっています。facebookの公開グループということですのでどなたでもご覧になれると思います。
http://www.facebook.com/home.php?sk=group_135578539846035
・同期隊員のメーリングリスト上でみんなで情報交換、アイディアを出し合っています
・それぞれの国の事務局で災害支援金を集めています
・個人ブログなどで、海外の日本に対する応援メッセージや、現地で日本を想ってくれている人がたくさんいると感じられる、心温まるエピソードを届けている隊員、いろいろな葛藤の中でも現実を受けとめ、自分の本来の活動をしようと、前を向き始めている隊員もたくさんいます。
・JICAホームページ内で、JICAボランティア 被災地での支援活動vol.1が載せられはじめました。
http://newstopics.jica.go.jp/topics/doc/2011/0328.pdf
協力隊OBOGがチームを組んで被災地で活動していたり、各国での応援メッセージなどを伝える隊員たちの様子など。
・JOCA(青年海外協力協会)が今回の各被災地域での活動について報告しています。
http://www.joca.or.jp/activites/disaster/tohokuearthquake/earthquake.html
災害救援専門ボランティアなるものの登録制度があるそうです。http://www.joca.or.jp/activites/disaster/volunteer/
・協力隊OV有志による震災支援の会というものが立ち上がっています。
https://sites.google.com/site/exjocv2011/


「それぞれの持ち場でできることが必ずある」
今は無理しない範囲で。その求められた支援、そのタイミングに動けるためにも。
スポンサーサイト

ココロがあたたまる映像集~こころのビタミン補給に~PageTop自分へのメンタルケアの大切さ

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://kuching221.blog135.fc2.com/tb.php/58-9da19b8e

プロフィール

Author:Kuching Nana
静岡県浜松市出身。
現在マレーシアのボルネオ島、サラワク州クチンを拠点に、青年海外協力隊(JOCV)として活動しています。
職種はソーシャルワーカー。障害者福祉分野。PDK(CBR)巡回。
派遣期間は2010年6月から2年間の予定です。

最新記事
FC2カウンター

訪問ありがとうございます!

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

DrecomRSSリーダー

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。