スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

協力隊員の方へ(二本松、地球のステージ情報)

協力隊員に関係するような情報が入ってきたので共有します。
わたしが個人でまとめただけなので、把握の範囲内で。

(以下、情報)

二本松研修所は大丈夫みたいだと、班担当がfacebookで書き込んでいました。
地震当日はちょうど退所式の日だったそうです。
現在、避難指示住民の受け入れもしている様子。

~OB隊員よりの情報~

岳温泉は無事のようです。
#居酒屋「安兵衛」に連絡をとりました。お母さんは元気です。
店はぐちゃぐちゃのようですが。
電気、ガス、水道生きてるという話です。
あと、理数科教師の英語教師マイクも連絡が取れてて、元気です。


派遣前訓練で「地球のステージ」をご覧になった方も多いと思いますが、
その桑山先生の事務所が宮城県名取市にあり被災されているようです。
が、医師として必死に被災者に支援をしていらっしゃるということですが
一緒に働いていた看護師さんも被災されていて手が足らない状況のようです。

地球のステージHP
http://www.e-stageone.org/

桑山さんブログ
http://blog.e-stageone.org/

「なんとかしなきゃ!プロジェクト」WEBサイトで参加団体の活動状況みれます。
http://nantokashinakya.jp/

以上です。他にもなにか情報あれば、よろしくおねがいします。

【追記3/20】
今、世界中で活動中の隊員の有志がこのような状況にある日本にエールを送ろうと一所懸命動いています。
facebookの公開グループということですのでどなたでもご覧になれると思います。

「JICAボランティア有志 日本の被災者になにかしたい」
http://www.facebook.com/home.php?sk=group_135578539846035

【追記3/30】
JICAホームページ内で、JICAボランティア 被災地での支援活動vol.1が載せられています。
http://newstopics.jica.go.jp/topics/doc/2011/0328.pdf
協力隊OBOGがチームを組んで被災地で活動していたり、各国での応援メッセージなどを伝える隊員たちの様子が伝えられています。

・JOCA(青年海外協力協会)が今回の各被災地域での活動について報告しています。
http://www.joca.or.jp/activites/disaster/tohokuearthquake/earthquake.html
災害救援専門ボランティアなるものの登録制度があるそうです。http://www.joca.or.jp/activites/disaster/volunteer/

【追記4/4】
・協力隊OV有志による震災支援の会というものが立ち上がっています。
https://sites.google.com/site/exjocv2011/

また、上記にも書きましたが、ご自身のメンタルケアもどうか、おねがいします。

東北地方太平洋沖地震

ニュースでも報じられている通り、3/11(金)の午後、東北地方太平洋沖地震が起きました。
そしてそれによる津波、大規模火災、福島の原発トラブル、、、

その後も、まだ余震が続いている状況。そして、計画停電などライフラインも広く影響。
被害の状況もまだまだ把握しきれていない状態。
本日3/14も、テレビでは、1日中震災関係のニュースが流されます。

自分のところ、静岡県浜松市は大丈夫です。念のため。
本震のときに少し揺れたのみで、その後は特に何もありません。
輪番停電のエリアでもないし、余震もほとんど感じられません。
それより震源地近くの方です。

やはり心配なのは、震源地の東北地方、大津波の太平洋沖沿岸、福島の原発付近、
それから、余震の続く関東・東北・北陸エリア、ライフラインに影響があるところなど、、
被災地をニュースでみていると、涙が出てきてしまいます。

そしてそこに知人がいる人たち、、、
現地の人や、その関係者の不安ははかりしれない。
協力隊のみんな、海外からの少ない情報で、不安だと思います。
どうか、自分とその周りを大切にしてください。

たとえ日本にいても、現地に駆けつけることはできない。歯がゆい思いでいっぱいです。

そんな中いただいた、知人からの言葉です。

『今は専門家に任せるしかない。復興時に力を合わせよう。
 目の前の自分の仕事を頑張ることが 間接的に被災者のためになる。日本のためになる。
 それぞれの持ち場で最善を尽くすこと。日は必ず昇る』

そんな中、世界からも多くのメッセージも
http://matome.naver.jp/odai/2129985372846288901

世界はつながっています。ちゃんと日本にも届いています。
援助を申し出てくれている国もたくさんあります。

今は、できる人が、できるときに、できることをする。それぞれの持ち場で最善をつくすこと。
地元の身近なところから自分にできることはないか、考えたいと思います。

京丹後市・上山地区への訪問

3月はじめに数日間、京都の日本海側、京丹後市・上山地区に行ってまいりました。

協力隊の派遣前訓練、二本松研修所時代にお世話になった班担当だった方が、8月で退職して、
今、京都の農村で「地域おこし協力隊」という活動をしているところです。
http://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/blog/4017/

一時帰国の報告した際に、お誘いいただいて、今回やっと行ってくることができました。
今回の上山地区訪問に関しては、忙しくせず、ゆっくり自然を楽しむ、そして、リラックスすることを目的としていったので、休憩もいれながら、ゆったりペースでやらせていただきました。
受け入れ先が元班担当なので、私のこともよく知っている方だったので、工夫してムリないように体力づくりなどもできるよう、いろいろ配慮してくださいました。

現地に向かう道中の京都・真倉では、青年海外協力隊OB/OGの方との出会いもありました。
ちょうど、この前の夏頃にモンゴルから帰国したOG隊員、10月から自転車で日本一周しながら小中学校への出前講座キャラバンをやっている、同年代のパワフルな2人も来ていて、いっしょに夕ご飯の鍋&お泊まりさせていただきました。
http://kia-kyotango.jp/blog/entry/090211150628g9EJ.html
当初はお2人は、1日の朝までの滞在予定ということで入れ違いかと思っていましたが、たまたま、日程がずれたため、お会いすることができて、ラッキーでした。いろいろなお話や考え方をきくことができました。

自転車日本一周キャラバンのお2人は、3月半ば頃にスタート地点の、新潟に到着予定だそう。
そういえば私も小学校の頃、自転車日本一周少年にあこがれていました。
今回は北海道はいってないみたいですが、沖縄も含めて自転車移動。宿泊は隊員のツテなどをたどって、野宿は一度もなし。すごいなー。
https://netcom.joca.or.jp/modules/contents/news/2011/02/days138-cycletour/
ブログもやってるそうです。関心のある方は探してみてくださいね^^

そして、目的地、上山地区では、自然の中でゆったりとした時間を過ごさせていただきました。
ここは5世帯、12人の方たちが暮らしている小さな集落です。
そこでは、その知人が暮らす築200年という古民家に宿泊させていただきました。

1日目の午前中は家庭用火災報知機の設置、最後の一軒のお手伝いをしたり。
区長宅で薪ストーブにあたりながら、お話したり、布ぞうりを教えていただいたり。
村が共同で設置したというふもとの温泉に入った後は、いろりを囲んでの区長さん宅での夕食にお呼ばれ。

2日目は、雪がちらつく中、午前中は炭窯の補修の作業をお手伝いさせていただきました。
手作りのログハウスの中でお昼をいただいき、自家栽培のシイタケや、ふきのとうをお土産にいただきました。午後には地域おこし関係の方たちの調査に同席させていただいたり。薪風呂を沸かしてみたり。

そんな感じで、作業で体力づくりもしながら、休憩もいれながらの暮らしでした。

4日の朝に京丹後市を後にし、帰りの道中には京都・綾部での知人と数年ぶりの再会、その日は兵庫・相生の昔からの友人宅に泊まらせていただき、次の日に5日に大阪で友人と会ってお昼をしてから、地元に戻ってきました。

日本海側の寒さにやられ、少々カゼ気味ですが、元気です。
また、3月終わりか4月初めあたりにおじゃまさせていただきたいと思います。
炭焼きと、布ぞうりなどなど、またじっくりと教えてもらう予定です。

ちなみに「風渡る里 うえやま」のホームページはこちら↓
http://www.geocities.jp/ueyamaku/index.html

元気です (一時帰国してからの2カ月のこと)

前回の記事を書いてから約1カ月。一時帰国してから2カ月が過ぎました。
(このブログ、1カ月以上更新がないとトップに広告が出ちゃうんです。)

先日はいきなりのご報告だけして、びっくりさせる&心配かけるような形になってすみません。
前回のブログの記事でも、少しお伝えしたように、元気です。

たしかに、帰ってきてからすぐのときは、私自身も、何をすればいいのかわかりませんでした。
でも、とにかく一度、しばらくは何も考えずに休もう、と。
お正月には親戚にもほとんどあわず、姉たち、大阪からきた兄一家と会って、祖母のところにいったくらい。しばらくはインターネットもせず、友人にも直接は会うことなく、というくらいでした。
基本的に実家で家族とゆっくり過ごすことにしました。

その後は、ゆっくりしながらも、できること少しずつやらせてもらうようにしました。
お風呂掃除、食器洗い、料理作ったり、洗濯物取り込んだり、アイロンかけたり。
たまに実家であずかる姪っ子(8か月)をあやしたり、泣かれたり。
たまに遊びにくる甥っ子(3歳)といっしょにブロック遊びや絵本を読んだり。
テレビ見たり。本読んだり。母のDS脳トレやってみたり。休憩したり。

そうやって、本当に気ままにゆっくり休ませてもらって、1月の半ばくらいから、だんだん、いろいろなことが考えられるようになりました。

友達のブログとかも見れるようになったし、少しずつ、メールや手紙の返事をかいたり、今までたまった郵便物、年金や保険、年末調整のための書類を整理したり。
自分の実家に置いてあった荷物の整理をしてみたり。本棚の整理したり。

そんなふうに、はじめの1カ月はあえて、大人しく、なるべく家にいるように心がけました。

そこからは、だんだん体力をつけていきましょう、という話をいただいていたので、少しずつ活動レベルを上げていっています。 でも、無理せず、ゆっくり、ですね^^

そして今、帰国してから2カ月が過ぎようとしています。
2月も、もうあと少し。だんだん、春に近付いているところです。

1月の終わりころから、母の行っている学童保育に週に2回、定期的に行かせてもらっています。
また、地元の活動に少しずつ参加させてもらったりしています。
少しずつ、地元や県外で行われているセミナーや勉強会にも参加させてもらっています。

プライベートでは、高校時代の部活仲間と会ったり、幼なじみが訪ねてきてくれたり。
こういうときに駆けつけてくれるっていう仲間や友人がいるのが、とってもうれしかったり。
家族やパートナーの支えの大切さをあらためて感じたり。

そんな感じで、おかげさまで、まだ完全ではないですが、元気になってきました。
今は、少しずつ行動範囲や活動の幅を広げていますが、ほんとに休み休み、って感じです。
何もしない日は何もしません。 特に午前中はゆっくりしていることが多いです。そして、夜は早く寝ちゃうことも多いです。
今は体力をつけること、いろんな人とたくさん話すこともすすめられていますので、緩やかに活動していく予定です。

私にとって、友人やいろいろな活動をしている方たちと会って、話をしたりすることは、新しい発見や発想のヒントになります。こうしてブログを書いたりするのも、自分の考えをまとめたり、他の方の視点を取り入れたりするのにとてもいいことだと思っています。

来月、3月に入ったら、だんだん先のことも考えて、いろいろと自分の中で、方向性を決めていかなくちゃなぁと思っています。

ご報告 (一時帰国)

このブログ上でご報告しようか、どうしようかと思いましたが、
身近な人などにはもうお話はしたのですが、実は日本に一時帰国しています。

12月24日マレーシア発の深夜便のフライトで、日本へ戻ってきました。
なので、もう帰国してもう1カ月になります。

調整員に相談し、いろいろ迷った末、療養のための一時帰国を決心しました。
詳しくは、また書けるようになったら書くかもしれません。
今でも、この判断がよかったのかどうかは、まだわかりません。

帰国する直前にも、調整員、所長、同任地の隊員や、ドミトリーに滞在していたときにいっしょになった同期や先輩隊員などいろんな人たちにとても助けられました。
迷いながらもマレーシアの同期隊員と、同期の4班のメンバーに伝え、
活動先、ステイ先の家族、友人などにもメールで報告して。

まだ今はこれからどうなるかわからないけれど、帰国する際にきいた調整員の話では少なくとも、3カ月は戻れない(というか戻れるかもまだ未定)ときいているので、まずはゆっくり休養して、それから、と思っています。

日本に帰ってきてからは、何よりも、家族の存在がとても大きい。
そして、直接会わなくてもどこかでつながっている友人たちや、パートナーの存在。
それから、同期の隊員の存在ってとてもありがたいものだと感じています。
この地球上のどこにいても、つながっているんだなぁ、と。

久々の更新で、突然ですが、とりあえず、ご報告まで。
でも、だいぶ今は元気になってきました。少しずつ、できることをやっていきたいと思います。

<<PrevPageTopNext>>

プロフィール

Kuching Nana

Author:Kuching Nana
静岡県浜松市出身。
現在マレーシアのボルネオ島、サラワク州クチンを拠点に、青年海外協力隊(JOCV)として活動しています。
職種はソーシャルワーカー。障害者福祉分野。PDK(CBR)巡回。
派遣期間は2010年6月から2年間の予定です。

最新記事
FC2カウンター

訪問ありがとうございます!

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

DrecomRSSリーダー

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。